即日借入れランキング~即日借入出来るおすすめ消費者金融や銀行カードローン2019

即日借入できる金融機関一覧と特徴を徹底解説

「即日借入できる金融機関が知りたい」

緊急でお金を要する方なら、このような疑問を持ちますよね。

急いでいるからこそ、じっくりと即日借入可能な金融機関を探す時間がないはずです。

でも、失敗しない金融機関を選ぶためにも、金利や特徴をしっかりと抑えなければいけません。

そこでこの記事では、即日借入できる金融機関一覧とその特徴を解説します。

具体的には、

・即日借入とは
・各金融機関の特徴
・即日借入をするときに知っておくべき情報

をご紹介していきます。

時間がないからこそ、ぜひこの記事を参考に即日借入できる金融機関選びをしてください。

それではさっそく見ていきましょう!

即日借入とは

飲み会や恋人とのプレゼント、日頃の浪費などでお金が足りない。

そんな時はお金の借入を考えると思いますが、急にお金を要する場合は即日借入がおすすめです。

即日借入とは、即日に審査をして、その日のうちにお金を入れてくれる融資のこと。

ただし、多くの会社が締め切り時間を明記しています。

締め切り時間は会社によって異なりますが、基本的には12時から15時ころには受付が終了します。

また、受付時間中に申し込みをしたからと、内容や審査状況などによっては、100%その日のうちにお金が振り込まれるわけでもありません。

即日借入の中でも、特にスピードが早いのは、

・ネットで申し込み完了
・ローンカード不要

この2つの条件を満たすものです。

お金は借りているものなので、必ず返す必要があり、返済が滞るとブラックリストに載ってしまう可能性があります。

返済金には利息が付けられるので、絶対に利息を考慮した返済できる額だけ借りるようにしましょう。

即日借入する前には、公式サイトで締め切り時間や申し込み条件などを確認するといいですね。

プロミスは即日借入できる?

【特徴】
・最短1時間のスピード融資
・ネットで素早く申し込み
・借入も返済はスマホやコンビニATMで可能
・初回利用の翌日から30日間は無利息

WEBで申し込んだら、最短1時間で融資されるスピード感が魅力のプロミス。

申し込みに必要なものは、以下の通りです。

・借入額50万円以下:運転免許証 or パスポート or 住民票と健康保険証
・借入額50万円を超える:本人確認書類と収入証明書類(源泉徴収票 or 確定申告書 or 給与明細書)

申し込み条件は20~69歳の、安定した収入のある方なので、バイトやパートの方でも借りられます。

実質年率は4.5%~17.8%と比較的低めです。

借入も返済も、プロミスもしくは三井住友銀行ATMでできれば、パソコンやスマホ、提携銀行、コンビニATMでもできます。

モビットは即日借入できる?

【特徴】
・ネットで24時間申し込み可能
・利用限度額は800万円まで
・実質年率3.0~18.0%
・1万3千台以上の提携ATMでらくらく借入返済

電話連絡と郵送物なしで、ネットで申し込みから利用までできます。

即日借入を受けるためには、以下2つの条件を満たす必要があります

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を保有
・社会保険証もしくは組合保険証を持っている

上の条件を満たしていない場合は、モビットカードの発行が必要となるため、即日借入は難しいでしょう。

ただし、全国に約700台あるローン申し込み機を利用すると、すぐにカードを受け取れます。

2つの条件を満たすと、必要書類をネット上でアップロードし、申し込み手続きが完了となります。

24時間365日申し込み可能ですが、21時から翌日の9時までは受付のみなので、即日借入はできません。

三井住友銀行のATMなら手数料が無料なのも嬉しい特典。

本当に急いでいる方は、申し込み後にコールセンターに電話をしましょう。

アイフルは即日借入できる?

【特徴】
・24時間申し込み
・スマホやパソコンで申し込みが完結
・金年利3.0~18.0%(はじめてなら最大30日間利息ゼロ)
・原則収入証明書は不要(利用額が50万円以下の場合)

事前に融資可能かどうかを1秒で診断できます。

24時間365日申し込み可能で、最短30分で審査が完了。

もちろん、即日借入も可能です。

スマホアプリをダウンロードすると、ウェブで手続きが完了します。

郵送物が一切なく、全ての取引がスマホで完結するのは嬉しい魅力です。

審査時間が早いと定評があり、特に初めての方ならスムーズに借入を受けられるでしょう。

初めての方は最大30日間無利息で、女性専用のオペレーターもいるため、女性の方でも手軽に借りられます。

アコムは即日借入できる?

【特徴】
・最短30分で即日融資が可能
・初めてなら、契約日の翌日から30日間無利息
・金利は3.0~18.0%
・3秒審査で借り入れ可能かどうか判明

三菱UFJフィナンシャルグループに属するアコム。

CMでもお馴染の企業なので、真っ先に借入で思い浮かんだのではないでしょうか?

アコムもまた、迅速だという評価が多くあります。

ウェブサイト上には、3秒で借入可能かどうかを判断する審査もあり、まずは仮審査とインターネット申し込みをしておくといいでしょう。

申し込み審査に通過したら、「むじんくん」でアコムカードを発行してもらうだけ。

「むじんくん」では、完全にプライバシーが保たれるため、安心して使用できるでしょう。

早ければ、1時間もかからずに終了します。

また、35日ごと返済を採用しているのも、アコムの大きな特徴。

こうすることで、給料日に支払いを忘れても、5日間の余裕ができるのです。

三菱東京UFJ銀行バンクイックは即日借入できる?

【特徴】
・三菱東京UFJの口座がなくとも利用できる
・金利1.8%~14.6%
・選べる2つの返済期日
・ATM手数料が無料

三菱東京UFJが提供する融資サービスです。

口座を持っていなくとも、利用できるのは嬉しいですね。

最大の特徴は、銀行ならではの金利の低さ。

年1.8%~14.6%という低金利は非常に魅力的。

ウェブで24時間申し込みできますが、即日借入をしたい方はテレビ窓口での申し込みがおすすめ。

テレビ窓口だと、50万円以下の利用額なら、運転免許証だけでカードを受け取れます。

さらに、平日は20時まで、土日祝日も申し込みができるのです。

返済期日方法は、35日ごとの返済もしくは毎月指定日への返済を選べます。

利用手数料無料で全国のATMで、返済を行えるのも大きなメリット。

銀行ならではの強みを生かしたサービスです。

審査なしで即日借入出来る消費者金融や銀行はある?

もしかしたら、ブラックリストに入っているなどの理由で、審査なしの即日借入できるサービスを探している方がいるかもしれません。

結論から言うと、審査なしで即日借入できる消費者金融や銀行はあります。

しかし、絶対に利用しないようにしましょう。

そもそも、カードローン審査は何のためにあるのでしょうか?

カードローン審査で見られるのは、年齢や収入などです。

つまり、利用者に返済能力があるのかどうかを見ています。

審査なしで融資をしてくれる業者は、一般的に「闇金」と呼ばれているのです。

ご存じかと思いますが、闇金などは絶対に利用してはいけません。

闇金は法外な高金利を設定していたり、取り立て方法も乱暴な場合があったりします。

まずは、即日で審査結果を出してくれる金融ローンを試してみましょう。

ブラックリストに載っている方は、登録期間が過ぎるのを待つべきです。

事故内容にもよりますが、ブラックリストの期間は最低でも1年、長いと5~10年にもなります。

消費者金融の審査に落ち続けるということは、支払い能力に問題があるとみなされています。

そんな状態で、闇金に手を出すと悪循環から抜け出せないでしょう。

法テラスなどを活用すると、お金を借りる必要のない解決法を提示してくれるはずです。

ぜひ、そのようなサービスを活用して、悪循環から抜け出しましょう。

重要なのでもう一度言いますが、違法な取引にだけは近づいてはいけません。

在籍確認なしで即日借入できる消費者金融や銀行はある?

借入する際に、在籍確認を実施する消費者金融や銀行がほとんどです。

在籍確認とは、勤務地などに電話をかけて、キャッシング利用者がいるかどうか確認すること。

これは利用者が、本当に勤務をしていて収入があるのかどうかを確認するために行われます。

ただし、在籍確認は会社名ではなく、個人名でかかってくるので、職場の人に借入申請をしていることがばれることはないでしょう。

特に、在籍確認で心配することはないでしょうが、徹底的にプライバシーを守りたい方や働いていない方は在籍確認を行いたくないはずです。

そんな方のために、在籍確認を行わない会社は増えています。

基本的には、ネットで申し込みが完結する会社は、在籍確認が行われません。

例えば、先ほど紹介したモビットは在籍確認しないことで有名。

また、在籍確認を行っているところでも、電話で相談さえすれば柔軟に対応してくれるかもしれません。

ただし、在籍確認が免除になったとしても、代わりに直近2か月分の給料明細や源泉徴収などの提出が求められるケースがほとんど。

どちらかというと、消費者金融の方が多いです。

ほとんど全ての銀行が、審査の一環で在籍確認を行っています。

しかし、平均的に金利は銀行の方が低いです。

在籍確認を行わない消費者金融や銀行はいくつかあるので、まずはいくつか候補を見つけて比較してみましょう。

レイクALSAは即日借入できる?

【特徴】
・受付時間が21時までと長い
・最短60分で即日融資可能
・選べる2つの無利息期間

以前は新生フィナンシャルカードローンでしたが、今はレイクALSAとなっています。

レイクALSAの魅力は、受付時間が長いこと。

なんと21時までに契約手続きを完了することで、その日のうちに即日融資されるのです。

急ぎの方は、新生銀行レイク自動契約コーナーで手続きを完了すると、その場でカードが発行されますよ。

もちろん、スマホから24時間365日申し込み可能。

はじめての申し込みなら、以下2つの無利息期間を選べます。

・借入額のうち5万円まで180日間無利息
・30日間無利息

例えば、20万円借りて返済回数が1回なら30日間無利息の方がお得ですが、返済回数が6回以上になると180日間無利息の方がお得になります。

実質年率は4.5%~18.0%と一般です。

楽天銀行スーパーローンは即日借入できる?

【特徴】
・金利が年1.9%~14.5%
・楽天銀行の口座を開設する必要なし
・コンビニATM手数料無料
・楽天会員ランクに応じて審査優遇

楽天銀行が提供するローンサービスです。

楽天銀行口座を持っていなくとも利用できますが、即日融資は難しいところ。

一般的に銀行ローンは審査に時間がかかるため、即日借入を希望する場合は消費者金融を利用すると良いでしょう。

楽天銀行の魅力は、年1.9%~14.5%の低い金利です。

金利1.9%で10万円を30日間利用すると、利息はたったの156円にしかなりません。

また、コンビニでのATM利用手数料が0円です。

申し込みはスマホで完結するので、面倒な書類記入もありません。

オリックスVIPローンカードビジネスは即日借入できる?

【特徴】
・最短即日融資可能
・実質年率6.0%~17.8%
・最短60分で審査完了
・充実の会員特典

オリックスVIPローンカードビジネスは、個人事業主や法人事業代表者向けのローンです。

実質年率6.0%~17.8%で、最高500万円まで借りられます。

基本的には、カードがないと取引できませんが、ホームページから融資の申し込みをすることで即日借入可能です。

申し込みはネットで行え、最短60分で審査完了します。

また、カードを持つことで、ホテルやゴルフ場などが優待価格で利用できるのです。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」は即日借入できる?

【特徴】
・トップクラスに低い金利
・最短60分で終了する仮審査
・提携ATMなら利用手数料0年
・毎月の返済は2,000円から

ネット銀行ならではの強みを持つカードローンです。

最大の強みは、年8.99%~14.79%にもなる低い金利。

さらに、所定の条件を満たすと基準金利より、最大年0.6%も引き下げられます。

仮審査こそ60分で終了しますが、在籍確認などの本審査もあるため、即日借入は難しいかもしれません。

毎月の返済額は前月末の借入残高によって決まり、最低でも2,000円からです。
もちろん金銭面で余裕のある場合は、多めに返済することも可能。

利用には口座開設が必須であり、即日借入も難しいですが、なかなか魅力的な商品でもあります。

ソニー銀行カードローンは即日借入できる?

【特徴】
・金利は年2.5%~13.8%
・ネットで申し込みは完結
・選べる返済日
・コンビニATMで借入返済可能

トップクラスに金利が低いことから、多くの人気を集めているソニー銀行カードローン。

年2.5%~13.8%の金利は素晴らしいですね。

ソニー銀行の口座を持つ必要がありますが、カードローン申請時に口座を開くこともできます。

ただし、即日借入は難しいもよう。

仮審査はすぐに終了しますが、その後は在籍確認などの本審査と必要書類の送付などが待っています。

そして、カードが届いて無事にサービス利用開始となるのです。

しかし、初回振り込みサービスというものがあり、これを利用するとカードが届く前に借入可能となります。

返済日はいくつかの選択肢の中から選べ、返済額は前月の残高によって異なります。

また、いつでも好きなときに追加の返済も可能です。

即日借入が難しいのは残念ですが、非常に魅力的な商品でもあります。

りそな銀行「りそなクイックカードローン」「りそなプレミアムカードローン」は即日借入できる?

【特徴】
・24時間365日ウェブで申し込み完了
・自動融資機能あり
・利用残高で各種ポイントが貯まる
・年3.5%~12.475%の金利

りそな銀行のカードローンもまた、金利が低く、nanacoや楽天など各種ポイントが貯まる魅力的な商品。

しかし、即日借入を望むのなら、りそなカードローンはおすすめできません。

全ての審査手続きが終了するのにかかる時間は、約2週間から1か月ほど。

そのため、急いでいる方は他の商品に目を向けるべきでしょう。

りそなカードローンは、自動融資機能が付帯されており、クレジットカードや公共料金の引き落としなどで預金残高が足りなければ、自動チャージされるのです。

口座がなくとも申し込み自体は可能ですが、契約の際には口座開設手続きも行う必要があります。

東京スター銀行「スターカードローン」は即日借入できる?

【特徴】
・ネットで簡単に申し込み
・正社員以外でも申し込み可能
・年率1.8%~14.6%

スターカードローンは365日24時間ネットで申し込みできます。

本審査に進むには、スターワン口座を開設する必要があるため、事前に口座開設必要書類などを用意しておくといいでしょう。

スターカードローンもまた、本審査に時間がかかるため、即日借入は難しそうです。

また、10万円以上からしか利用できないので、少額借入したい方には向きません。

審査基準は比較的緩そうで、自営業や派遣社員、学生でも定期的な収入があれば申し込み可能。

必要書類は本人確認書類の他、直近3か月分の給料明細が必要です。

みずほ銀行カードローンは即日借入できる?

【特徴】
・金利2.0%~14.0%
・24時間ウェブで申し込みできる
・ATM時間外手数料無料
・自動融資サービス

みずほ銀行カードローンは、2.0%~14.0%の低金利が魅力の商品。

さらに、みずほの住宅ローンを利用している場合は、金利が0.5%下げられます。

申し込みはネットから可能ですが、即日借入はできないでしょう。

カードはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型の2種類あります。

大きな違いとしては、キャッシュカード兼用型にすると、キャッシュカードとしての機能も持ち、自動融資サービスなども利用可能となるのです。

コンビニATMの時間外手数料が無料と記載されていますが、それには「みずほマイレージクラブ」への入会と月末に借入残高がある場合のみ。

さらに、時間外手数料が無料となるのは月4回までなので注意しましょう。

じぶん銀行カードローンは即日借入できる?

【特徴】
・借り換えできる
・金利は2.2%~17.5%
・auユーザーなら0.5%金利が低くなる
・ATM手数料は完全無料

KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資してできたのが、じぶん銀行です。

KDDI出資だけあり、auユーザーのみ最大で金利が0.5%低くなります。

また、ネット銀行ならではの魅力的な金利を武器に、他者からの借り換えを可能にしているのです。

消費者金融よりも低い金利が、さらに0.5%も低くなるのは魅力的ですよね。

気になるスピードですが、じぶん銀行もまた即日借入が難しいです。

ATM手数料は利用回数・利用時間に関わらず完全無料。

セブン銀行カードローンは即日借入できる?

【特徴】
・選べる3種の利用限度額
・申し込みはウェブで完結
・金利は年15%
・在籍確認なし

セブン銀行カードローンは、銀行には珍しく在籍確認のない商品です。

利息は年15%と、ほかの銀行ローンと比べるとやや高めですが、在籍確認がないだけでも魅力的なのではないでしょうか。

利用限度額は10万円・30万円・50万円の3種類。

申し込みにはセブン銀行の口座が必要であり、口座を持っていない方だと即日融資は難しいです。

ただし、すでに口座のある方は即日借入できるかもしれません。

セブン銀行ATMなら、時間や回数に関わらず、いつでも利用手数料は無料。

セブン銀行ATMは、どこにでもあるので利用手数料がかからないのは、嬉しい限りです。

イオン銀行カードローンは即日借入できる?

【特徴】
・金利は年3.8%~13.8%
・ATM手数料0円
・振込融資あり(イオン銀行口座を持っている場合に限る)

金利が3.8%~13.8%と低いイオン銀行カードローン。

銀行もしくはコンビニATM利用手数料も無料と、バランスのとれたカードローンです。

即日借入を望む場合は、イオン銀行普通預金口座を持っている必要があります。

原則として借入を受けるためには、カードが必要であり、審査完了から約5日以内にカードが届くのです。

しかし、イオン銀行普通預金口座を持っていれば、新規申込時の1回のみ審査完了後、カード受け取り前に借入できます。

そのため、審査状況にもよりますが、即日借入できる可能性はあるでしょう。

ジャパンネット銀行カードローンは即日借入できる?

【特徴】
・金利年2.5%~18%
・はじめての借入から30日間無利息
・自動融資機能がある
・ネットで簡単に申し込み

ジャパンネット銀行のカードローンは、スマホやパソコンから簡単に申し込めます。

契約のためには、ジャパンネット銀行の預金口座が必要で、即日借入は難しいかもしれません。

金利の幅は大きく、少ない額を借り入れる方にとっては高い金利となります。

対して、借入額が大きいと金利が低くなるので、まとまった金額を借りる方は検討してみると良いでしょう。

また、初回借入日から30日間は利息ゼロの特典があります。

借入とはそもそもどんなこと?

ここまで読んでいただきましたが、あなたは借入をしっかりと理解しているでしょうか?

借入とは、消費者金融や銀行からお金を借りる行為のことを指し、カードローンやクレジットカードのキャッシング、住宅ローンなども含まれます。

借入の意味は広いですが、一般的には個人・法人が銀行や企業からお金を借りることを意味するのです。

消費者金融や銀行からお金を借りると、借りたお金には利息が付けられます。

簡単な言葉で言えば、あなたが金融機関に支払う手数料みたいなもの。

利率は金融機関によって異なりますが、一般的には消費者金融よりも銀行の方が利率は低めです。

1か月あたりの利息の計算方法は以下の通りです。

・借入残高×利率÷365×借入日数

借入をするときは、利率の低いものを選ぶことがカギとなります。

しかし、実際にどのくらいの利率が適用されるのかは、審査を受けるまで分かりません。

ある銀行では10%なのに、金融会社では14%ということもあるのです。

そこで、少しでも低い利率にするために覚えておくべきことを紹介しましょう。

それが、利用限度額を高く設定すること。

借入の性質として、利用限度額が低いほど金利が高くなるという特徴があります。

多くの方は、限度額が多いと審査に通らないと考えがちですが、200万円以下なら審査に通る可能性はあるのです。

200万円上限は、200万円まで借りられるということで、200万円全額使う必要もありません。

賢く利用限度額を決めて、審査に臨むと良いですね。

【覚えておきたいこと】
・金利の低いものを選ぶ
・金利は金融機関によって異なる
・だから、最低利率だけを見ずに、最高利率もチェック
・利用限度額が高いほど利率は低くなる

借入とローンの違いってなに?

ローンと借入は、どちらもお金を借りる行為なので、よく似ていますよね。

実際に、広い意味で見るとローンもまた借入です。

ただ、具体的に見ていくと少し意味が異なります。

借入とは、使用用途が決まっていなくとも借りられるお金のこと。

生活費や交際費、プレゼント費用などにも使える自由性の高いお金ですね。

対して、ローンは使用目的がはっきりとしています。

住宅ローンは家を買うため、車ローンは車を購入するため、教育ローンは子どもに教育を与えるため。

借りたお金の目的の有無が、ローンと借入金を分けます。

また、基本的にローンの方が金利は低いです。

というのも、金融機関にとってローンの方がお金を回収できる安全性が高いから。

可能ならば、借入するよりもローンにした方がいいでしょう。

リボ払いも借入れと同じなの?

最近、広く普及されつつあるリボ払いですが、まだまだ仕組みは知られていません。

リボ払いとは、毎月設定した金額を支払う払い込み方法です。

例えば、毎月のリボ払いの設定金額を1万円とすると、1回払いが1万5千円でも、リボ払いでは月の支払いは1万円とリボの手数料になります。

毎月の支払額が抑えられるため、買い物がしやすくなるというメリットがありますが、計画的に使用しなければ支払い残高が増えるばかりというデメリットも。

借入とリボ払いの違いは、非常に分かりにくいです。

どちらも毎月一定額を返済するという点では同じですからね。

一般的に借入では、元利定額方式という返済額の中に利息を含んだ返済方式が採用されています。

対して、リボ払いは元利定額方式のほか、元金定額方式という月々の返済額に利息が上乗せられる返済方式が採用されているのです。

元利定額方式の方が、毎月の返済額は安くなりますが、そのぶん返済期間が長くなり利息が増えてしまいます。

また、借入の方が返済計画を立てやすいというメリットがあるのです。

任意整理後に即日借入することはできる?

任意整理とは、債務整理とも呼ばれ、要するに借金の減額や返済期間を長くすることです。

任意整理を行うと、ブラックリストに載ってしまうため、登録期間中の借入はほぼできません。

しかし、ブラックリストにも期間があり、その期間を過ぎるとブラックリストから外れます。

気になるブラックリスト期間ですが、最低でも5年、長いと10年間は借入ができないと考えるべきです。

もしかすると、以前使っていた金融業者とは異なるところで審査を受けると、借入できるかもしれません。

ただ、その可能性は極めて低いと考えるべきです。

即日借入の流れ

基本的な即日借入の流れは以下の通りです。

1.インターネットで申し込み

2.審査

3.審査通過後、来店して契約手続き

4.お金を借りる

金融機関によって少しずつ流れは異なります。

ただし、多くの金融機関でネット申込と来店での契約は必須となるでしょう。

また、即日借入を受けるためには、以下のポイントを守ってください。

・営業時間内に申し込みを行う(午前中で終わらせるのがおすすめ)
・事前に必要書類を確認する

この2点を意識するだけで、即日借入の成功率は高くなります。

即日借入は時間との戦いで、提出書類などに不備があると、審査時間が長引いてしまいます。

そのため、可能な限り早めに行動し、書類提出なども完璧に行いましょう。

コンビニでも即日借入したお金は受け取れる?

おそらく最も便利な借入金受け取り方法が、コンビニATMを利用したものでしょう。

結論から言うと、コンビニでも即日借入のお金は受け取れます。

しかし、ATMを利用するにはローンカード(もしくはキャッシュカード)が必要です。

つまり、申し込み当日にローンカードを手にするため、来店で契約手続きをしないといけないということ。

来店とは言っても、自動契約機がほとんどでプライバシーは完全に守られています。

ローンカードさえ手に入れば、コンビニでの受け取りも可能となります。

さらに、多くの金融機関がコンビニATM手数料を無料にしているので、ぜひ利用したいところですね。

銀行振り込みでも即日借入したお金は受け取れる?

銀行振り込みで、即日借入したお金は受け取れます。

銀行振り込みの場合は、ローンカードもいらないので、受け取りハードルは低くなるでしょう。

利用にはカードの受け取りを必須としている銀行の中にも、初回利用のみ即日で銀行振り込みしてくれるところがいくつかあります。

ただし、銀行振り込みの場合は普通預金口座が必要です。

特に、銀行から借入する場合は、その銀行の口座が必要となるケースがほとんどなので注意しましょう。

使い道には要注意!身の丈にあった借入を!

借入をするとき、絶対に注意してほしいことが計画的に利用することです。

はっきり言えば、借入は使用しないに越したことはありません。

今、借入しようとしているお金の使い道は何でしょうか?

借入をしてまで、本当に必要なお金でしょうか?

借入を考える理由は様々だと思いますが、もう一度だけ使い道を見直してください。

そして、借入額も慎重に検討しましょう。

借入額の基本は、無理なく計画通りに返済できる額です。

何度も返済が遅れると、新たな借入ができなくなったり、遅延損害金を支払ったりすることになります。

本当にお金が無くなり、返済できないという場合には、借入している金融機関に相談してみてください。

期限の利益というものがあり、これは今月は〇万円だけ返して、残り分は来月から少しずつ返済していくというものです。

ただし、指定日までに返済するのが基本です。

借入をするときは、収入と支出のバランスを考えて、無理のない返済計画を立ててくださいね。

本当にお金がなくて困った際の対処法

どうしてもお金がないとき、ぜひ実践していただきたい対処法がいくつかあります。

緊急時には、ぜひ参考にしてください。

1.法テラスなどで相談をする

現在、借金を持っていて、借入もできないという方は専門家に相談しましょう。

法テラスの中には、借金の相談は無料というところが多々あります。

また、民事法律扶助制度というものがあるのです。

これは弁護士費用の建て替えをしてもらい、後々に毎月1万円ほどを分割払いするというもの。

債務整理を行ったり、過払い金の請求ができたりする可能性もあるので、まずは弁護士などと相談してください。

2.親に相談する

本当にどうしようもないときは、親に相談するといいでしょう。

借入をするよりも、親から資金援助を受ける方が絶対に良いです。

資金援助は頼みづらいという方は、食品や生活用品などを送ってもらうといいでしょう。

3.生活福祉金貸付制度を利用する

生活福祉金貸付制度とは、低所得者などを対象にした国の制度で、民間にはないほどの低金利もしくは無利息でお金を借りられます。

しかし、誰でも利用できるというわけではありません。

例えば、多重債務者や収入が全くない方は難しいでしょう。

それでも生活保護受給よりもハードルは低いので、民間の貸付制度を利用できないときは、申請を検討してみると良いですね。

4.身の回りのものを売る

借入をしたくないけど、お金が欲しいという方は、所有物を売却してみましょう。

普段あまり使わないものなどは、どんどん売ってお金に変えるといいですね。

オークションなどを利用すると、思いもよらぬ高額で売れることもありますよ。

10万円以下の額が必要なときにおすすめの方法です。

即日借入まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました!

消費者金融を中心に、即日借入できるところはいくつかあります。

確実に借り入れをするためにも、もう一度以下の点を抑えてください。

・受付時間に申し込みを終える
・不備のない書類を提出する

即日借入に対応したいくつかの金融機関に目星をつけたら、あとは比較して合ったものを選びましょう。

そして、借入の利用は計画的にしてください。

あなたに合った金融機関で、即日借入の利用ができることを願っています。