1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫プロミスは即日借入ができる?会社員・専業主婦・学生・別まとめ

プロミスは即日借入ができる?会社員・専業主婦・学生・別まとめ

超大手消費者金融のプロミスは即日借り入れができるのか…。こちらの記事で検証していきます。

promise

実際にプロミスでは即日借り入れができるか?

テレビコマーシャルやインターネットの広告などで頻繁に目にする消費者金融のプロミス。

こちらでは即日借り入れが可能となります。

プロミスは大手消費者金融の中でもアコムと同等規模の大企業となります。

そんなプロミスでは、超スピード審査を行っています。

プロミスが提示している最短審査時間はなんと30分。

申し込みをしてから30分後には審査結果が明らかになるのです。

借り入れまで含めても1時間以内に完了させることももちろん可能。

まさにスピードに特化したカードローンといえます。

銀行系カードローン等は申し込みから借り入れまで下手をすれば数週間時間を要することもあります。

しかしプロミスの場合、それをたったの30分間でやってのけるわけです。

したがって急ぎのお金の用途がある場合には非常に適した借入先となります。

提携しているATMの数も非常に多いため、借り入れや返済にも困らない便利な金融商品です。

プロミスで即日審査を受ける場合の審査の流れ

promise1

プロミスのカードローンを利用して即日借り入れを行いたい場合、申し込み方法が何通りかあります。

まず1番確実なのはプロミスの自動契約コーナーを利用することです。

全国各地のJR駅や地下鉄駅等の近くには必ずと言って良いくらいプロミスのATMが設置されているはずです。

その無人店舗の多くは自動契約コーナーを兼用しています。

そこから直接申し込みを行えば、最短で1時間程度でお金を借り入れすることができる筈です。

自動契約コーナーの営業時間は大抵9:00~22:00となっているため、忙しい方でも立ち寄って申し込みを行う事ができます。

また、振り込みによるキャッシングを希望する方の場合は、インターネットから申し込みを行えば良いのですが、その際申し込み時間に注意しなければいけません。

銀行振り込みを行う場合は、すべての申し込みを14時までに済ませる必要があります。

14時までに申し込みが終了すれば、即日振り込みキャッシングが可能となります。

さらに申し込みをインターネットで行い、自動契約コーナーでローンカードを受け取る…と言うやり方もできます。

本人のライフスタイルに合った申し込み方法をとり即日融資を行えるのがプロミス最大の魅力と言えるでしょう。

プロミスのカードローンを利用するには…

business2

プロミスのカードローンを利用する条件としては20歳から69歳までの安定した収入がある方、とされています。

未成年者に貸し出しを行うと借金を取り消すことができるため貸付業者は損をする可能性があります。

また70歳以上の高齢者となると収入面や健康面でのリスクが高まります。

そのためプロミスはこのような年齢制限を作り、その範囲内の対象者に貸し付けを行っているのです。

またプロミスは安定した収入があれば正規雇用者ではないフリーターや契約社員、派遣社員、学生などの方々にも貸し付けを行ってくれます。

しかし総量規制の対象となるため、収入のない方や専業主婦は利用することができません

ご注意ください。

プロミスが提示している金利は?その他独自の条件など

money1

借入れ金利と条件プロミスが提示している金利は4.5%~17.8%に設定されています。

銀行系カードローン等と比較すると高めに感じてしまいますが、スピード審査や提携ATMの数などの面から見て利便性が高いため、高利率は仕方がない…とも考えられます。

しかし、プロミスは期間限定ではありますが無利息サービスを行っています。

こちらを利用すれば期間内に借り入れしたすべてのお金を返済すれば利息が無料になります。

プロミスの無利息サービスは契約してから、初の借り入れを行った翌日から数えて30日間が有効となります。

30日間を過ぎてしまった場合は通常の権利が発生してしまうので注意が必要です。

借り入れしたお金をすぐに返せる当てがある方は無利息サービスのご利用を強くお勧めします。

また、無利息サービスを利用できるのは初回申込者限定となります。

既に申し込みをしている方は利用できませんのでこちらも注意が必要です。

プロミスのカードローンは申し込みから借り入れまでネットで完結するか?

pc-lady

プロミスはインターネットからの申し込みが可能ですし、ネットから振り込みを行うことも可能です。

つまりプロミスのカードローンは申し込みから借り入れまですべてネットで完結させることができるのです。

申し込みはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからも可能。

仕事が忙しく、出張ばかりで飛び回っているような方も、出先の空き時間を利用しスマートフォンから振込の申し込み…などと言うことも簡単に行うことができます。

振込先は債務者が指定できますが、午後3時を過ぎてしまいますと銀行が営業を終了してしまいますので、振り込みが翌日に繰り越されてしまいます。

しかし、振込先を三井住友銀行・ジャパンネット銀行した場合は24時間振り込みが可能となりますので、上記2社の口座をお持ちの方は是非ご利用ください。

プロミスは土日の融資も可能!

プロミスは土日や祝日でも借り入れを行うことができます。

通常銀行系カードローン等は土日や祝日が休業となるため審査を行うことができません。

しかしプロミスの場合は土日・祝日でも審査を行ってくれます。

しかし問題は借り入れです。

振り込みによるキャッシングを望む場合、振込先を三井住友銀行またはジャパンネット銀行に指定すれば即日振り込みが可能ですが、それ以外の口座になりますと銀行が営業していないため振り込みが反映されるのが休日明けとなってしまいます。

上記2社の口座をお持ちでない方は、申し込みだけインターネットで済ませ、審査に可決した時点で自動契約コーナーに行きローンカードを受け取り→ ATMで借り入れ、と言う流れが確実です。

また、申し込みから自動契約コーナーで行っても土日の借り入れは可能となります。

休日にお金に困ってもご安心ください、プロミスなら借り入れを行えます。

プロミスまとめ、メリットとデメリット

atm2

超大手消費者金融のプロミスは、最短で30分審査を行っています。

そのため急ぎの用途にも対応できる能力を兼ね備えています。

申し込みをして1時間程度で融資までたどり着けるのは、大手消費者金融でもプロミスとアコムしかありません。

また、ATMや自動契約コーナーの数も多く、借り入れや返済に困る事はほぼありません。

コンビニATMも利用できますので非常に便利です。

しかし一方で金利が高いと言うデメリットもあります。

一般的な銀行系カードローンが提示している金利は最大15%程度となっていますが、プロミスが提示している金利は最大17.8%とかなり高利率。

利息が心配だ…と言う方には違う借入先をお勧めします。

また、総量規制の対象となるため収入のない方や専業主婦の方は借り入れを行うことができないのも残念なポイントです。

しかし、プロミスは大手消費者金融では珍しい無利息サービスを実施しています。
初回申し込み限定、初の借り入れ日の翌日から30日間と言う条件はつきますが、利息を気にせず借り入れを行えるという事は利用者にとっては非常にありがたい筈です。

またプロミスは土日や祝日でも即日融資を受けることができます。

振り込みキャッシングを行う場合は三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座にかけられてしまいますが、振込みを望まなければ自動契約コーナーを利用して即日借り入れすることができます。

スペックの高い金融商品ですので非常にお勧めです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。